e-お金用意【今すぐ必要なお金を調達する方法】

お金を調達する方法〜カードローン〜

今すぐにお金を調達したいけれど自己資金が無い場合どうしますか?そんな場合にはカードローンがおススメです。
カードローンは無担保でお金を借りることが出来る方法です。毎月ちゃんと返済すれば、何度でも利用することが出来ます。

 

「カードローンを利用する際のポイント」
●まずは銀行カードローン
返済の際に金利を低く出来るのが銀行系のカードローンです。
カードローンを申し込む際は、まず銀行系のカードローンを申し込みましょう。
銀行系のカードローンの審査に落ちてしまったら、消費者金融系のカードローンに申し込みましょう。
銀行系カードローンよりも金利は高めですが審査が甘いので通りやすいですよ。

 

●長期返済に注意しましょう
借りたお金の返済期間を長期にすれば、月々の返済額は抑えられますが、その分総合して支払う利息は高くなります。
月々の返済額を抑えたいからと、あまり長期に渡って返済するのはあまり賢い借り方とは言えません。
無理な返済額を設定する必要はありませんが、出来るだけ短い期間で返済できるように頑張りましょう!

 

●大手のカードローンを使いましょう
世の中には優良なフリをして、実は悪徳な消費者金融もあります。それらはいわゆる闇金ですね。
闇金は一度ハマってしまうと、抜け出すのが難しく借金地獄になってしまいます。
カードローンを利用する際には、闇金に気をつけましょう。

国からの給付金〜会社へ〜

国や地方自治体、はたまた民間団体からお金をもらえる制度を知っていますか?まずは大きく2つに分類しました。

 

●会社への現金給付
国(厚生労働省)が管轄しているお金を資金として提供してもらえるもの。対象となるのは主に「会社」ですね。
会社が上手く運営できるように支払われる資金です。日本のいろいろな会社が業績を上げれば、国自体も潤いますからね。
そのための資金援助ということになります。

 

会社を対象とした給付金の種類は50種類以上あります。その中でも良く利用されるものがこちら。

 

【主なもの】
●トライアル雇用助成金
会社が労働者を短期間雇用し、適性や労働力を見極めてから正社員へと雇用する制度を設置している会社に支払われる助成金です。
対象となる労働者1人につき月4万円の助成金(最大3か月)が支払われます。

 

●3年以内既卒者トライアル雇用助成金
高校・大学等を卒業後、就職活動している既卒者(卒業後3年以内)を正社員として育成・雇用する制度を設置している会社に対して支払われる助成金。
対象者1人につき月10万円(最大3か月)のお金が支払われます。

 

●若年者等正規雇用化特別奨励金30代後半の不安定労働者、または長年フリーターを続けている人、
内定を貰えたのに取り消されて就職先が決まらなくなってしまった学生などを、正規雇用した際に支払われます。
3回に分けて支払われますが、合計で約100万円ほどになります。(企業形態によって違いアリ)

 

他にも、「特定就職困難者雇用開発成金」や「3年以内既卒者採用拡大奨励金」などがあります。

 

今すぐ借入できるの? 

関連リンク

借入する・・・今すぐお金が必要な方のお金の借り方マニュアル

国・地方自治体からの給付金〜医療part1〜

●個人への現金給付
国や地方自治体は個人への現金給付も行っています。交付金や補助金と呼ばれるものです。
この制度を使えるにもかかわらず、知らない人が多いですね。
国は税金の支払いが遅れれば督促状や訪問催促など、厳しく催促してきます。しかし、国から支払うお金となると積極的ではないのが残念です。
会社経営者ではなく、個人的にお金が必要な人は、こちらの個人給付の制度を使ってみましょう。
どのような制度があるのか詳しく紹介していきます。

 

【医療の交付金】
怪我や病気は突然やって来ます。手術や先端医療を受けるとなると、医療費もバカ高くなってしまうもの。
しかし、お金がないからと言って大切な命を見捨てるわけにはいきませんよね。そんな時に利用したいのが医療系の交付金です。
医療系の交付金には以下のものがあります。

 

●医療扶助
生活保護を受けている人は、国民健康保険の被扶養者から外されています。
健康保険に加入していない場合は、医療費は全額負担になってしまいます。高額医療費です。
しかし、日々の生活に困窮しているのですから、何万、何十万も医療費を払えませんよね。

 

その場合は「医療扶助」が適応され、医療費は全額国が負担します。
診察や薬代、手術費、入院費などの主な医療処置は医療扶助対象となるので、お金がなくても安心して治療を受けることが出来ます。

 

●ひとり親家庭医療費助成
離婚や死別などで、両親がいなくひとり親に育てられている児童(18歳まで)を対象とした交付金。
区市町村によって金額は異なりますが、大体医療費が1割負担になり、後は地方自治体が補います。

 

今すぐ借入できるの? 

国・地方自治体からの給付金〜医療part2

●未熟児養育医療制度
早産などで、生まれた時に2500g以下の赤ちゃんは未熟児とみなします。
早く生まれてしまったために、内臓が十分に発達していない場合があります。そうなると成長も困難です。
病院でしっかりと治療を受けなければなりませんね。
しかし、未熟児の医療は費用がかかるものです。その高額医療費を負担するのが、未熟児養育医療制度です。
この制度を受ければ、お金の心配をすることなく赤ちゃんの治療を受けることが出来ます。

 

未熟児養育医療制度は、各地方自治体によって違いがあります。
入院にかかる赤ちゃんのミルク代や、転院の際の移送費を全額負担してくれる自治体もあれば、それらは対象外となる自治体もあります。
自分が住んでいる地域はどうなっているのかを調べておきましょう。

 

●出産育児一時金
出産もただ産めばいいというものではありません。赤ちゃんが生まれるというのはどうしてもお金が必要になります。
分娩代、入院費、赤ちゃん用品などなど・・・これらを合わせると何十万円となります。
しかしお金がなくても大丈夫。出産の際には出産育児一時金が国から支払われます。
自治体の特別給付金がプラスされると金額に違いが出ますが、赤ちゃん1人に対し約42万円のお金が支給されます。
十分な資金となりますね。これで安心して赤ちゃんを産むことが出来るというものです。